思い切って家賃交渉をしてみよう

思い切って家賃交渉をしてみよう


思い切って家賃交渉をしてみよう
"賃貸を探す時にコンビニや本屋で賃貸情報誌をまずチェックされる人も多いかと思います。
ここで気を付けなければいけないのが、そのような情報誌に掲載されている賃貸はすでに埋まってしまっている可能性が高いということです。もし大家さんや不動産屋と値下げの交渉をしようと思っているのでしたら、家賃と礼金の2つを交渉しましょう。
これら2つの値下げを同時にしてもらうことはまず難しいので、実質は礼金のみの値下げ交渉となるでしょう。
大家さんや不動産屋と交渉をすることが出来るものとしましては、家賃、礼金、敷金が挙げられます。
ただし敷金の値下げ交渉としても、契約満了時には戻ってくるお金ですので、意味のある交渉とは言えません。

値下げの交渉をしようと考えている時には、必ず合計支払金額を元にして計算をするようにしましょう。
「とにかく初期費用を減らしたいから」という理由ではなく、契約期間である2年間単位で値下げ交渉をしましょう。"



思い切って家賃交渉をしてみようブログ:16-2-2020

旦那の健康を考えるなら、
家内はしっかりと
旦那の12時食代を確保しておくことが大切だと思う。

12時食代が少なければ、
どうしてもジャンクフードに手を出さなければならず、
そうなれば確実に肥満に成って行くし、
後日、深刻な病気になり、病院に入院してしまうようになる…
その方が家計には大打撃なのである。

家内としては
苦しい家計の中から高額な12時食代を捻出するのは大変だが、
かといってこの出費をけちれば、
一家の稼ぎ手が駄目になってしまう…

12時食代は冷静に考えれば僅かな金額なのだが、
この12時食代が深刻な問題になるのは、
お子様が1人か2人いる状態の時である。

この時期は家計が最も苦しくなる時期なので、
どうしても家内は12時食代をけちろうとしてしまうのである。

そうなると旦那は勤労意欲を失ってしまい、
なかなか出世していってくれなくなり、
逆に家計が苦しいままになってしまうのだ。

家計が苦しいからこそ、
家内は弁当を作って12時食代を節約しようとするのだが、
愛妻弁当のために出世の機会を失うこともあるので、
気をつけなければならない。

サラリーマンなら上司や同僚たちと
外食に行くことで12時食を食べながら情報交換を行い、
それによって出世の糸口を掴んでいくことも少なくない。

大事なことは
「お金よりも情報」ということなのだが、
お金を掴んだだけでは成功することはなく、
お金だけでなく情報を掴んだからこそ成功するのである。

家内が旦那に弁当を作ることが
必ずしも正しい愛情表現ではないのだ。

家内が旦那に弁当を作らず、
きちんと12時食代を渡しすことも、
ちゃんとした愛情表現であるのだ。
思い切って家賃交渉をしてみよう

思い切って家賃交渉をしてみよう

★メニュー

思い切って家賃交渉をしてみよう
審査をパスして賃貸契約
優良不動産屋の条件を知っておこう
圧倒的人気のターミナル型の不動産屋
理解しておこう流通物件と独自物件
素晴らしい賃貸物件選びのコツ
設定した条件が現実的かを確認
アパートよりも賃貸マンションを選ぶメリット
費用面をまずは確認しましょう
下見は物件探しで最も大切


ページ先頭 ページの先頭へ
トップに戻る トップに戻る
友達に教える 友達に教える
(C)出来る!超便利な賃貸探し